宇賀なつみ 北大路魯山人が昼寝をした部屋で同じ様に寝てみた足指

古くから漆器の産地として栄えてきた山中温泉。その地で薫さんの家は代々蒔絵師として続いてきました。その歴史に深く関わるのが北大路魯山人。2代目石斎と意気投合した魯山人はこの家に泊まり込んでいたといいます。しかも、漆器の指導を受けるほど、辻家との親密な関係を築いていました。「ピンチの時こそ客観的に。ヒントは必ず近くにある」

続きを読む

宇賀なつみ 正岡子規も愛した山家漬!今成漬物店の階段を上がる足裏

新潟県南魚沼市で100年以上続く山家漬(やまがづけ)「今成漬物店」。山家漬とは南魚沼で愛されてきた酒粕漬けの事。地元で採れる錦糸瓜等を、これまた地元の銘酒「八海山」純米吟醸の酒粕で仕込んでいます。俳人の正岡子規も大好物だったという郷土の味で、芳醇な香りとまろやかな味わいはご飯のお供に最適です。

続きを読む