宇垣美里 九十九里浜で濡れたり砂塗れになったペディキュア足指グラビア

望郷の風に吹かれて。ロケの打ち合わせで「海は好きですか?」と聞いた時、「地元は海が近かったので好きですよ」と答えたのが何故か印象的だった。撮影中も神戸の海の話をした。海辺に立つ彼女は優しく微笑んでいた。彼女が中心となりスタッフの笑い声も絶えない。こんな現場は中々巡り合わない。テレビでは気付かなかった、宇垣アナってこんな表情もするんだ。
私という物語自我が強過ぎる

この記事へのコメント