宇賀なつみ 北大路魯山人が昼寝をした部屋で同じ様に寝てみた足指

古くから漆器の産地として栄えてきた山中温泉。その地で薫さんの家は代々蒔絵師として続いてきました。その歴史に深く関わるのが北大路魯山人。2代目石斎と意気投合した魯山人はこの家に泊まり込んでいたといいます。しかも、漆器の指導を受けるほど、辻家との親密な関係を築いていました。「ピンチの時こそ客観的に。ヒントは必ず近くにある」
骨董界の2大スター加賀魯山人弁当

この記事へのコメント